モテるは学べる
モテる男性には学べば誰だってなれる。
モテ学

20代で薄毛になる原因は5つあった!若ハゲを改善する4つの方法

20代の薄毛は決して珍しくありません。

20代の薄毛は遺伝だからと諦めていませんか?
実はきちんと原因を突き止めて、対策をすれば改善できます。

そこで、「最近薄くなってきたかも」心配している男性は、是非チェックしてみてください。

薄毛に髪の太さは関係する?

日本人の髪の毛の太さは0.07mm~0.15mmといわれ
ています。
これは、男女共に差はほとんどありません。

そして、20代がもっとも髪が太くなります。
あくまでも、遺伝や生まれつきの髪の太さには多少の個人差はありますが、細い人でも0.05ミリほどで、太い人だと0.15ミリです。

実際、髪の太さは薄毛に関係しています。
太い髪の毛で薄毛の人はあまり見たことがありませんよね?
同じ髪の量があっても、1本1本の髪の毛が太い人は、全体の髪の量が同じでも薄毛に見えづらいといえます。

20代の薄毛の原因

20代の薄毛の原因は1つではありません。
いくつかの原因が重なって起きることもあります。

当てはまっていることを改善するだけで、抜け毛が減る可能性があります

食生活の乱れ


食生活の乱れは、抜け毛の原因となってしまいます。

例えば、毎日ジャンクフード脂っこい食事など、野菜不足の偏った食生活をしていると、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、皮脂バランスを崩してしまいます。

頭皮がベタベタになって、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。

また、頭皮の血行が悪くなり、毛細血管に十分な血流が流れなくなります。

髪の毛の栄養は、毛細血管から運ばれますので、髪の毛の成長に必要な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が細くなって、抜け毛が増える原因になります。

ストレス

新社会人になり、ストレスを感じやすくなる20代。

劇的な生活習慣の変化や、慣れない仕事で日々のストレスを気づかないうちに感じていることがあるのです。
ストレスを感じると、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

ヘアサイクルのうち、85%は成長期です。

しかし、ストレスが原因で、ヘアサイクルが短縮され成長途中の髪の毛が抜けてしまうことがあります。
毎日少しずつ抜け毛が増えることで気づいたら、薄毛になっていたなんてことも。

また、ストレスを感じると毛細血管が細くなり、血行が悪くなりやすいのです
そうすると、頭皮の血行不良を引き起こして、髪の毛に栄養が届かなくなり、抜け毛や髪の毛が細くなります。

睡眠不足

睡眠も抜け毛や薄毛にはとても重要です。

髪の成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、寝不足状態が続くと、抜け毛が増えるという研究結果もでています。

髪の成長ホルモンが分泌されるピークの時間は「午前1時~2時」となりますので、それまでに熟睡状態になっていると良いでしょう。

他にも、睡眠不足は、免疫力の低下につながります。
免疫力が低下すると、頭皮にいる菌が増殖してしまい、頭皮環境が悪化してしまいます。

菌が増殖すると、フケやかゆみを伴い、毛穴が詰まり、抜け毛につながるのです。

過度な飲酒や喫煙

過度な飲酒や喫煙は、健康を損なうだけでなく髪の成長の妨げにもなります。

特に喫煙は、ニコチンによって毛細血管が収縮し、頭皮の血行不良になるだけでなく、髪の成長に必要なビタミンCまで奪ってしまうのです。

そして、過度な飲酒は、アルコール分解するときに、多くの栄養を体内で使う為ため、栄養が頭皮まで届かなくなり、髪の成長が滞ってしまいます。

AGAの可能性

男性ホルモンが原因のAGAの可能性も考えられます。
思春期を過ぎると、テストステロンという男性ホルモンが増えます。

そのテストステロンはDHTという物質に変換され、発毛に係る毛乳頭を委縮させ髪の毛の元となる孟母細胞の成長を抑制させてしまうのです。

その結果、ヘアサイクルの成長期が短くなり、寿命を迎えていない髪の毛まで抜けるために薄毛になってしまいます。

いわゆる毛髪のミニチュア化の状態を作るのです。
近年では、20代でもAGAが原因の男性は多くなっています。

20代からできる薄毛の改善方法

薄毛の原因が分かったら、次は抜け毛を減らして薄毛を改善しましょう。
抜け毛が多くなったと感じたら、はやめの対策が肝心です。

育毛剤や発毛剤を使う


育毛剤とは、その名の通り、髪の毛を育むためのものです。
今生えている髪の毛を太く元気にする効果があります。

そして、発毛剤は、髪の毛を生やす効果が期待できます。
有名な商品でいえば、リアップやミノキ5などです。
AGAの場合は、発毛剤のミノキシジルが配合された育毛剤が効果的といわれています。

ただ、20代であれば、育毛剤で十分でしょう

育毛剤は、髪の毛の成長にとって最適な頭皮環境をつくるために、頭皮の血行促進や栄養を与えてくれるだけでなく、頭皮トラブルのかゆみやフケの防止効果もあります。

ただし、即効性はないので、根気強く使い続けていく必要があります。
最近では、たくさんの育毛剤が発売されており、ドラッグストアや通販で購入することが可能ですが、20代の男性だとレジに並ぶのも気になると思うので、通販購入をオススメします。

自分に合った育毛剤をみつけましょう。

▼20代男性が選ぶオススメの育毛剤はチャップアップ

「毛を育てる」
男性の口コミ
男性の口コミ
今まで育毛剤は色々試してきましたが、効果があったなぁと思ったのはコレだけですね。
刺激系の育毛剤は気持ちいいですが、それだけな感じ。かと言って何万円もするものは買えない。。
これはコスパもいいですし、効果もあります。オススメです。

公式ページ

食事改善をする

食事改善は、バランスの良い食生活をすることが大切です。

しっかりと栄養を摂ることによって、頭皮環境が整い、髪の毛に栄養が行き渡るのです。

髪の毛に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、亜鉛です。
なるべく、食事から摂取できるようにしてください。

亜鉛は、牡蠣や卵、煮干しやコンビーフなどに多く含まれています。
ビタミンは、トマト、人参、ほうれん草、レバー豆腐、乳製品など、タンパク質は、納豆、アボカド、バナナ、ブロッコリー、鶏肉などに多く含まれています。

なかなか、食事からすべてを摂取することは難しい男性はサプリメントをうまく利用してみてください。

そして、過度な飲酒や喫煙を控えましょう。
お酒を付き合いで飲むこともあると思いますが、飲みすぎないこと。
禁煙ができない方は、本数を減らすなどを心掛けるだけでも薄毛改善につながります。

睡眠時間の確保

抜け毛改善には、睡眠時間の確保や質の良い睡眠がとても大切です。

髪の毛の成長に必要な睡眠時間は「6時間~8時間」といわれています。
毎日、6時間~8時間睡眠がとれるように逆算して寝ると良いでしょう。
睡眠時間の確保ができない人は、質の良い睡眠をとりましょう。
そのためには、寝る前はスマホを触らない、部屋を暗くして寝るとぐっすりと眠れます。

ストレス発散方法を考える

ストレスは知らないうちに溜まっていることもあります。
そのため簡単にできるストレス発散方法や、没頭できるなにかをみつけると良いでしょう。

例えば、趣味があるなら、休みの日は趣味の時間に使ったり、仕事で悩みがあるなら友人と食事に出かけた時に愚痴をこぼして聞いてもらうだけでも気持ちがラクになります。

また、適度な運動をすることも有効です。
おすすめは、有酸素運動
ジョギングや、水泳、サイクリング、ヨガなどが湯酸素運動には有効です。

有酸素運動は、全身の血行が改善され髪を増やす効果が期待できます。
血行が改善されれば、髪へ栄養が行き渡るようになり、細くなった髪が太くなるきっかけとなります。

運動や趣味、友人と会うなどをして、自分自身がリラックスできる方法を見つけることがとても大切でしょう。

まとめ

20代の薄毛は、普段の生活習慣や食事改善によって防げる可能性が大いにあります。

薄毛の原因に当てはまっている項目が1つでもある男性は、今すぐ対策をしてみてください。

抜け毛や薄毛は進行します。
対策をしないと手遅れになるかもしれませんので、今から気を付けましょう。