モテるは学べる
モテる男性には学べば誰だってなれる。
建築関係

高齢者や障がい者の為のリフォームに対する補助金とは?お得に工事する方法

高齢者が増加の一途を辿る現代の日本で重要視されているのが、住宅のバリアフリー化です。

若い時に建てた家だが、年齢を重ねる毎に不便なところが増えてきた。

しかし定年退職後で生活費だけでいっぱいいっぱいで、リフォームに使えるお金がない為諦めている方は多いです。

そんな時活用したいのが『補助金や助成金制度』です。

一定の条件に達している場合に、国や自治体から補助金や助成金を受け取れます。

いつまでも住みやすい家を作るために是非活用したい制度です。
この記事ではそんな『補助金や助成金』をもらう条件や制度の内容を紹介します。

どういった補助金や助成金制度があるのか?

高齢者や障がいを持つ方が安心な家を作るためにリフォームをするときに、国や地方自治体がその費用の一部を補助してくれる制度があります。

高齢者の方が受けれる補助金制度

対象
高齢者向けは65歳以上の方が居る世帯が対象
対象工事

手すりの取り付け、段差の解消、昇降機の設置など、高齢者が安心安全に過ごす為のリフォームにかかる費用

補助金

10〜30万を限度とする。自己負担は5割〜0割
※各自治体で内容が異なる為、確認が必要

障害者が受けれる補助金制度

障害者向けの場合は障害の程度の1級~3級が対象
対象工事

住宅内外における移動を安易にする設備等の整備又は工事、トイレ、浴室、廊下、玄関、台所等のバリアフリー改修工事など各自治体によって様々

今後の日本に必要なバリアフリー!住宅内でのバリアフリーは特に大切!でもバリアフリーとユニバーサルデザインの違いは?超高齢化社会を迎えつつある現代の日本で、今後求められるものの1つに【バリアフリー】があります。 昔に建てられた家では老後の事を考え...
補助金

限度は10〜100万以上もあり。自己負担は5割〜0割
※各自治体で内容が異なる為、確認が必要

補助金や助成金を受け取る為の注意事項

補助金や助成金は各自治体によっても、内容や限度額も様々です。

そんな補助金や助成金制度を受ける場合の注意点をいくつか紹介します。

工事前に相談して許可をもらう

基本的に補助金や助成金を貰うには、事前申請が必要です。
事後承認してくれる自治体もありますが、工事した後に貰えないなんてことにならないように、事前に自治体に相談しましょう。

リフォーム前にまず自治体に相談

これは覚えておきましょう。

施工会社にも条件がある場合が

自治体によっては補助金の条件の1つに施工会社を指定している場合があります。

それは自治体内にあるリフォーム会社を指定している場合です。

また補助率を施工会社が自治体の中か外で変えている場合もあります。

知り合いの施工会社さんにお願いしたい場合は、自治体の窓口で必ず確認しましょう。

補助金の併用の可否

複数の補助金や助成金が併用できるケースとできないケースがあります。

併用できる場合はしないと損なのでよく確認しましょう。
またできない場合は、どの補助金や助成金を受けると一番得なのかを確認する必要があります。

まとめ

今後の住宅環境のバリアフリー化は日本の大きな課題なので、各自治体によって補助金制度が設けられています。

補助金制度に詳しい施工会社と相談して、自分の住んでいる自治体の窓口に話をして、円滑にリフォームを行うことが重要です。