モテるは学べる
モテる男性には学べば誰だってなれる。
建築関係

今後の日本に必要なバリアフリー!住宅内でのバリアフリーは特に大切!でもバリアフリーとユニバーサルデザインの違いは?

超高齢化社会を迎えつつある現代の日本で、今後求められるものの1つに【バリアフリー】があります。

昔に建てられた家では老後の事を考えて設計はされていないケースが多いです。

既存の住宅のバリアフリー化は、各家庭の今後見直すべき重要なポイントと言えます。

しかしバリアフリーデザインとユニバーサルデザインを一色単に思っている人もいるので、この記事ではバリアフリーの正しい知識を紹介します。

バリアフリーとは

バリアフリーの元々の意味は【障害・障壁のない】ということです。

高齢者や障害者が住みやすい環境作りがバリアフリーとなります。

健常者にとってなんでも無いような段差・トイレ・お風呂の設備なども、高齢者や障害者にとってはストレスになりうることが往々にしてあります。

誰もが使えるデザインを【ユニバーサルデザイン】といいますが、その中の1つの概念としてバリアフリーが存在します。

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

バリアフリーとユニバーサルデザインの設備は、考え方の違いがありますが、両方の設備を見比べると似通った点があります。

それ故に、同じようなものと思っている人が多くいます。

バリアフリーとユニバーサルデザインの大きな違いは思想的な違いです。

バリアフリーとユニバーサルデザインの思想とは

バリアフリーの考え方

バリアフリーとは障害者や高齢者の生活の物的障壁となるものの排除を考えて作られています。

例えば
・段差をなくしてスロープをつける
・点字をつける
・車椅子用のトイレやエレベーター

ユニバーサルデザインの考え方

ユニバーサルデザインは使う人を選ばず、多種多様な人が使用できる事を考えています。

障害の有無や国籍、性別、年齢を問わず誰しもが同じように使える事を目的としています。

例えば
・駅などの行き先表示で漢字だけでなく他言語、ひらがなで大きく記載する、絵を入れる。
・誰もが使える大きなトイレ

思想の違いとは

上記のことを見てもらうと分かりますが
【バリアフリーは障壁を感じる人のためにそれを取り除こう】という考えかたで、
【ユニバーサルデザインは誰もが使いやすい設計】
という違いがあります。

ユニバーサルデザインの対象には障害者や高齢者も含まれるため、ユニバーサルデザインとバリアフリーを混同して覚える人が多いのです。

ユニバーサルデザインとバリアフリーの共通点

ユニバーサルデザインとバリアフリーは大きな思想の違いがありますが、共通点もあります。

それは『人を思いやる』という点です。

設備や施設をバリアフリーやユニバーサルデザインにすることも大事ですが、両者とも『人への思いやりや優しさ』から生み出されています。

例えば段差があった時登れない人がいた時、手助けしてあげる心は『心のバリアフリー』『心のユニバーサルデザイン』と言えます。

高齢化社会で必要になるバリアフリーとは

バリアフリーは色々なところで実施されていますが今後、より一層必要になるのが、各住宅でのバリアフリーです。

高齢者や障害者が一番長くいる場所が各住宅ですので、住宅内での過ごしやすさを向上させる事が必要となってきます。

各家庭で取り入れたいバリアフリー

高齢者や障害者の方は住宅内で『ここがしんどい』『ここがいつも疲れる』というポイントがあっても、自分が頑張れば済むと思って改善していないケースが多くあります。

そういったポイントを同居人や親族などが気づいて改善する事によって、住みやすさは大きく変わります。

改善の大小はありますが、高齢者や障害者がどういったポイントで苦労していて、自分たちに何ができるかと考える事が重要です。

玄関の段差

住宅でまず苦労するのが段差です。

玄関に入る前や入ったところには必ず段差がありますよね。
しかし段差を全て無くしてしまうことはオススメしません。
段差を上り下りすることは高齢者や障害者の運動やリハビリになります。

スロープを設置する、手すりをつける、段差を緩和するなど選択肢はたくさんあります。
バリアフリー化を必要としている人の運動量を著しく低下させてしまわないように、考えることも忘れないでください。

洗面台

洗面台を使うとき足腰が悪い人は立ち続けの姿勢にストレスを感じます。
そのためオススメで簡単なバリアフリーが椅子を設置することです。

でも洗面台の下は収納スペースになってる事が多いので、椅子や車椅子に座ったままだと収納スペースが邪魔で、少し離れた状態になります。

なので最善の方法は収納スペースも撤去してしまうことです。
そうすれば椅子の先端が机下に収まるため、洗面台に近づいて作業ができるので、洗面台での作業がとても楽になります。

リビング、ダイニング空間

リビングやダイニングは特に健常者と高齢者・障害者の使い勝手に差が出やすいです。

ダイニングテーブルを設置

例えばダイニングテーブルの標準高さが70cm程度で椅子が45cm程度です。
この椅子に高齢者が座ることはとても負担になります。

ローテーブルを設置

ローテーブルを設置して床面に直接又は座椅子などで座ることは、高齢者の方には立ち上がったり座ったりの行動がとても大変です。
車椅子の方には高さが合わないため、オススメはできません。

小上がりを設置すればみんなが使いやすい

・小上がりのイメージ写真

小上がりがあれば高齢者の方が使っても、立ち上がる時や座るときに負担は少ないです。
さらにしんどい時は横になることもできるのでおススメです。
小上がりの近くにダイニングテーブルを設置することで、誰もが使いやすい空間になります。

オススメは業者に頼んで設置してもらうことですが、通販などでも売っていますので、自分たちで設置することも可能です。

詳細ページ

お風呂・浴室

高齢者や障害者が怪我や転倒する場所で多いのが浴室やお風呂です。
浴槽に入ったり出たりする時にどうしても踏ん張りが必要です。
そこが水などで滑りやすくなっているため、怪我や事故につながりやすいのです。

浴室やお風呂に手すりをつけたり、床材を滑りにくいものにすることで、お風呂のバリアフリー化がはかれます。

バリアフリー化のリフォームなら補助金制度もある

補助金を受ければ、自己負担が1割程度で済む場合もあります。
詳しくは下記の記事を参考にしてください。

高齢者や障がい者の為のリフォームに対する補助金とは?お得に工事する方法高齢者が増加の一途を辿る現代の日本で重要視されているのが、住宅のバリアフリー化です。 しかし定年退職後で生活費だけでいっぱいいっぱ...

まとめ

今後超高齢化社会を迎える中で、バリアフリー化は日本が抱える重要な課題です。

現在の基準で施工している建物ですと、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを採用しているものも多いので利用者を選びません。

しかし既存の建物については、誰かが手を加える必要があります。
工事か必要だと業者に頼むことも必要ですが、誰でも行えるバリアフリー化もたくさん存在します。

まずはあなたたちの心のバリアフリー化で、みなさんが過ごしやすい社会を作ることが大事です。