結婚関連

結婚までに貯金は必要?挙式代を抑える方法は?

1. 結婚にかかる費用は・・・

結婚を考えているみなさんが気になることの1つ
どれくらいの費用がかかるのか?
ということがありますよね。
結婚式・新婚旅行・引っ越し・指輪etc…
ゼクシィが行った調査で
結納・婚約から新婚旅行までにかかった
費用総額の平均は463.3万円とのことです。
これだけの貯金をするのか。
費用を削減できるところを探すのか。
結婚ができない、諦めてる方は以下の記事がおススメです!

1-1. 結婚式にかかる費用は・・・

一番お金がかかるのは結婚式
一番お金がかかる結婚式の費用を抑えたい
と思うのは当然ですよね。
300〜400万円が相場と言われている
結婚式の費用。
そして最終的な自己負担額が
50〜150万円が相場です。
こう言った金額を見て結婚式はしない
という判断をするカップルが増えているようです。

1-2.結婚式と離婚の関係・・・

あなたはこんな数字をご存知ですか?
離婚歴のある人の8割が結婚の際に
何もしていない。
すごくショックな数字です。
やはり夫婦生活をこの後何十年と歩む中で
二人手を取り合って、けじめとして
結婚式を挙げることはとても大事なんです。

1-3. 結婚式費用を抑える・・・

そこでオススメなのが費用を抑える選択
ペーパーアイテムを自作or外注
節約金額 5万円
ペーパーアイテムで自作or外注が多いのは
・席次表
・席札
・ウェルカムボード
・料理のメニュー表
結婚式会場へ持ち込み
ドレス、小物、装飾品などを持ち込むことで
費用を抑えることができます。
ただし式場によって持ち込みができるか
変わってきますので確認が必要です。
式場紹介サイトを利用する
有名な紹介サイトで言うと
ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディング等があります。式場紹介サイトを利用すると
紹介マージンなどで価格が上がると
思っている方がとても多いですが
限定の特別プラや割引があるため
とてもお得なんです。
さらにあなたの理想の式場やプランを
無料で相談することができるので
後悔のない挙式を迎えることができます。
その中でもおススメはハナユメ定額ウエディング



必要なものが全て揃っていて
定額で式が挙げれる定額ウエディング。

オススメメリット
・貯金は必要なし!それでも結婚式が挙げられる!(後払いOK)
・必要なものが全て含まれているため心配いらず
・他社では追加料金が必要な曜日・お日柄・時間による追加料金なし!
こんな方は絶対定額ウエディング!
・楽に準備を行っていきたい
・身内や親族のみでこじんまりと結婚式がしたい方
・貯金がない方
・出来るだけ早く結婚式がしたい、マタニティの方

結婚式は安く済ませてもいい!けど注意点が!
結婚式で安く抑えたのが目立つポイント
1位 引き出物
2位 料理
3位 装花
4位 二次会
5位 演出
6位 式場の雰囲気
7位 ドリンク
8位 衣装
トップスリーの引き出物、料理、装花は
金額を抑えるとわかりやすいポイントです。
注意点を確認しましょう。
①.引き出物
引き出物は一目でその金額がどのくらいのものなのかはわかってしまうのが多いです。
その上で金額を上手に抑えるなら送り分けを
しましょう。
もらえるご祝儀金額は大体察しがつくと
思いますので、それにあわせて引き出物を
何パターン化に「送り分け」するケースが
最近ではあります。
全員の引き出物を合わせるとご祝儀金額の
多い少ないによって、満足度が変わってきます。
それを送り分けすることで合計金額も
抑えることができて、満足度も上がります。
友人同士で内容が違うとトラブルのもとにも
なることがありますので気をつけましょう。
②.料理
気をつけるのはランクだけではありません。
その中身、質とボリュームです。
高ければ満足する
安ければダメというわけではありません。
コース料理で食べる人が見るのは
メインの食材と品数です。
料理の品数はなるべく増やすことがオススメ。
数的な満足感は質の良し悪しを判断できる
方でなくても体感的に感じることができます。
メイン料理は披露宴の食事の象徴でもあるので
豪華なものを選びましょう。
一番印象に残るメインの質が高ければ
最終的にいい印象を持ちます。
まとめ
・結婚式は必要ない理由があるなら必要ない
・離婚歴のある人の8割が結婚式をしてない
・結婚式費用を抑えるならハナユメ
相談予約はこちらから↓